奈多漁港・奈多海岸

奈多漁港漁港・防波堤
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

外海に面した砂浜海岸に囲まれている東区の奈多漁港です。巨大な堤防がメインだったのですが足場も悪く現在は立入禁止となっています。

奈多漁港の釣り

市内から一番早く外海へ出られるのが奈多漁港で周辺は砂浜に囲まれています。投げ釣りには最も適しておりキス、カレイ狙いは各所からできる釣り場です。

秋は青物、ヒラメ、マゴチをルアーやジグで狙えますが、ポイントが限られている為、人が多くなると釣りにくいかもしれません。メインだった巨大な堤防も現在は立入禁止となっています。

巨大防波堤

現在は立入禁止になっています。堤防テトラの外ではシーバス、ヒラメ、マゴチ、ヤズ、サゴシ、カマスなどが釣れますがボートやカヤックで少し沖に出れば今も大型の魚が釣れているようです。

奈多大波止

この堤防に設置されているテトラは大きく仕掛けも深く入りやすい為、アラカブを狙った穴釣りも面白い所だったので少し残念です。

現在のメイン堤防

漁港の左側にある防波堤が今のメイン釣り場で先端付近に人が多く集まります。船道付近は多少水深があるのでウキ釣りでアジ、秋は回遊があれば青物も釣れるようです。

全体的に浅く大潮の干潮時は堤防の過半数が浅瀬となってしまうので潮をよく確認して釣行する事をお勧めします。

港内奥の岸壁(船着き場)

最近は漁港奥の岸壁に人が集まって釣りをしているのを見かけます。

港内は中央のテトラが波や潮の流れを遮っている穏やかな場所、詳細は不明ですがアジを集めて釣っているのではないかと思われます。

奈多サーフ(海の中道・三苫)

漁港の周りは砂浜海岸、奈多サーフと言われサーフフィッシングでも注目されています。

コメント