チヌ・落とし込み

沖防ソロバン
スポンサーリンク

梅雨が明ける頃になると、博多埠頭のチヌ釣りが楽しい時期がやってきます。

冬には姿すら見せなかった黒鯛が、 ボラやシーバスと共に、何処からともなく湾に入ってくる感じを受けるのですが、気のせいでしょうか?

チヌの落とし込み・へチ釣り

チヌ

ここ数年、暑い季節は夜明け前から早朝までのへチ釣りをしていますが、今後は目印を使った落とし込みなども試したいと思います。

最盛期は初夏から秋口

海は海でも、近くにタンカーなど大型船が接岸する港がある人は、岸壁の際を狙った落とし込みが楽しめます。

水温が上がってくると、活性のいいチヌが、岸壁に着いた貝類を食べに寄っているので、そっとカニやカラス貝を落としてみましょう♪近場にこんな大物が居たのかと驚かされるかもしれません。

確実に食いが良くなるのは7月から秋口、夏は雨上がりで濁りが入ると数が出ます。

キビレ・キチヌ

キビレ

河口付近や汽水域で釣れるキビレ。チヌに似ているが、体高があり、下部の鰭が黄色いのが特徴。引きも強く、際で掛けると沖に逃げるイメージかな?

タックル

気軽に初めてみたい人は、ルアータックルなどで十分可能ですが、へチ釣りの醍醐味を味わうのであれば、タイコリールを使った専用タックルで挑むのがベストです。

へチ釣り

全層を探れる釣りで、指一つで糸が送り出されるリールにも特徴があります。

へチ竿 3m前後で、穂先に合わせてガイドも小さくなるが、Uガイドではない。

リール 回転がフリーであり、スプールを手で押さえておかないと、ガン玉一つでスルスルと糸が送り出されます。

へチ釣り仕掛け

私のタックルはへチ釣り仕様ですが、博多の岸壁で釣れる季節は、タナも浅く、底まで沈めず、横に探っていく感じで、目印を付けていない落とし込みスタイルが多いです。

落とし込み

約2ヒロ程度、タナを決めて表層付近を横に攻めていく探り釣り。

落とし込み竿 3.5~4m前後で長く、Uガイド仕様で、余計な糸フケが出ないようにしてある。

リール フリーも使えるが、ドラグ付きのタイコリールを使うと楽。

落とし込み仕掛け(目印)

基本、竿一本分の糸を出して、穂先が水面にかかるくらいまで落とし込みを繰り返す、上下運動なので、それ以上の糸は出さない前提。出している糸に、目印などを付ける時はこちらの釣り方です。

特に決まりはないので、季節や釣り場の状況、魚のタナに合わせて糸を出す事もあります。

エサについて

落とし込みを初めた頃は、エサ盗り対策にカニを使うと思っていましたが、釣っている場所にフグが少ないだけでした。

春くらいはイソメ類でも通る(=エサが残る )所もあるので、柔らかい餌やカニを使い、夏はカラス貝やミジ貝、秋はフジツボなどもエサとして使用します。

採取できるものは現地で調達することができますし、釣果に余裕があれば、色々と試していく釣りも面白いと思います。

小物と装備

必要な道具は、小物入れにハリス、針、ガン玉、必要であればサルカン、目印だけですね♪

装備は、腰ベルト、タモ、プライヤー、ストリンガー、ライフジャケットくらいでしょうか?

ウキ・フカセ釣り

桜が咲く頃からチヌの乗っ込みシーズン。こちら博多の方では、少し外海側へ移動し、ウキ釣りで狙います。

流れがある沖磯では、仕掛けを流し、全遊動で全層狙いのフカセ釣り。クロ(メジナ・グレ)に効果的です。

フカセ釣り仕掛け

チヌ釣りには、ウキ止めを使用してタナを決め、探る方が釣りやすいでしょう。

ウキの浮力に合わせたオモリや水中ウキ、潮受けを付けて、狙っているタナへ素早くエサを落とし、アタリを待ちます。

穏やかな場所、堤防などのウキ釣りでは、棒ウキを使うと分かりやすいかもしれません。

ウキ釣り仕掛け

乗っ込みシーズンは堤防や地磯、浅めの沖磯など、クロ(メジナ、グレ)を狙っていても、この時期はチヌばかり釣れることも多々ありますね。

集魚剤・付け餌

ウキ釣りのエサはオキアミを使用し、暑い時期はエサ盗り対策にダンゴもいいですね。私は何十年と磯釣りには沖アミボイルのみですが・・・

コマセ・マキエにはオキアミ1~2角、繋ぎ増量にはパン粉、場合によってはアミエビも考えますが、エサ盗りも多くなるのでパス?集魚剤は各メーカーから多く発売されているので、その都度、公開していきたいと思います。