ヒョウモンダコに注意

ヒョウモンダコ その他
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

福岡の海岸で、よく見かけるヒョウモンダコの注意書きについて。

ヒョウモンダコ

元々は暖かい海に生息しているタコのようですが、日本でも目撃が報告されているようです。

噛まれると毒を注入するらしく、触って見るみたいな事は危険ですね。

私の住む市内近郊でも、西区方面の糸島半島や玄界島の周辺で見つかっています。

注意書きの内容

見つけても、絶対に近づいたり、触らない。

万一、噛まれた時は毒を絞りだし(口で吸いださない)直ちに医療機関へ搬送してください。との事。

特徴

刺激を受けると青いリング模様が全身に表れる。

体調10cm未満の小型のタコです。

釣れてしまったら

エギングなどをしていると、タコが釣れたりしますが、同じようにヒョウモンダコも掛かってくる可能性があるかもしれません。

釣れてしまったら、外すのに苦労しそうな感じもします。それからリリース?殺処分?等々。

他にも海水浴シーズンは、水辺で遊ぶ事も多くなりますが、珍しいからと、わからない生物は触らないようにしましょう。

その他
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント