どうしても魚を釣りたい人へ

失敗を繰り返す釣りルアーフィッシング
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

自分で納得がいくボウズであるのか、どうしても魚を釣りたいかで違ってくる。そんなお話。

失敗を繰り返す釣り

魚釣りをするのであれば釣って満足したい人が殆どですが、上手くいかない時もあります。

釣れない時に何が原因か考える人もいれば、行くだけで納得できる人もいる。どうしても釣果を上げたいと思えば過去の失敗経験を繰り返さない改善も多少必要です。

海釣りでは潮の動きも関係し、魚の活性がいい時は何をやっても爆釣したりもしますが低活性ではアタリすらなくなります。

魚の動きが見られるマズメ、潮が動く時合はチャンスタイムだとしても目に見えない限りは常に低活性だと考える事、そんな時のトラブル(失敗)も極力避けたい。

気が付いていた部分と失敗は次の釣行までに改善、まぁいいや!で済ませてしまう人は他でも同じような事を繰り返しているかもしれません。

釣りにくい日の経験も活かす

以前釣りに行った時の経験を覚えて活かすのも一つの手、爆釣したからいつも釣れるとは限らず、時期、天候、潮にも左右されるので遠くに来たから釣れるだろう考えも又違う。

同じ場所に通っているのであれば、どの潮が良く、釣りができる風向きと風速、ポイントと時期を覚えておく事で当てはまらない状況時は別の候補地も選択できます。

逆に釣りにくい日も把握していれば無駄もなく、何も考えず無理な状況で釣りを決行したとしてもストレスとロスばかりが増え、移動を余儀なくされて釣りどころでもなくなるでしょう。

ルアー人気の海では

近くの川や池でバス釣りから始めた人も多いであろうルアーフィッシング、海でルアーを投げる人が増えた今では場所を問わず人気の釣りです。

疑似餌としてジグ、ワーム、ミノー、プラグ、エギ等、釣り場と魚種によって使い分けられますが、これも釣りをしている場所で考える事が大事です。

メーカーやプロのテスターが実釣し、これ釣れます!と言ったところで新製品が出れば同じ事、釣れませんと宣伝されたルアーは一つもなく、その中から選ぶ目利きとなり、実際に投げてみないと何とも言えません。

数日の収録をかけて釣って見せた新製品、テスターからすれば場所に合った別のルアーに変えたい、新製品に合った釣り場に移動したい気持ちが実はあるかもしれない。

その日に爆釣しても以降ダメな場合もある。これもまたお金が掛かる魔物で、釣れない日が続いてくると自分の経験よりキャッチフレーズに弱くもなってきます。

ルアーを投げて少しでも違和感があれば改善(合わせる)、それから色や形でしょうか?疑似餌(偽物)だから仕方ないを繰り返してしまうのではなく、自分なりに少し考えてみましょう。

コレクション的な部分もある

それでもルアーを専門に釣りをしている人の中には魚が釣れなくてもカラーや動きが好きで集めている人もいます。

お気に入りのルアーを海に向かってキャスト、色々と試す事で満足できる人もいます。結果は別として釣りが出来て楽しかったと言える人に多いでしょう。

釣り方に決まりはない

どうしても魚を釣りたい人は形に拘りなく絶対に釣ってやろう時もあるかもしれません。

近年は堤防のアジでも見られますが、美味しい魚だから釣るとは言え、手が汚れてもサビキで釣った方が数共に効率がいいアジ、分かっていても繊細な道具やタックルで釣るアジングは一匹の釣果でも評価は高い。

大型魚ではヒラスを狙う釣り方、同じルアーでもタックルは磯竿4号(5.4m~)、6000番近いリールにPE5号以上を組んで挑む常連さん、仕留める為の意気込みも違います。

釣って食べる為の釣り、楽しむだけの釣り、考え方も人それぞれですが少しでも悩んでいる時は過去も振り返り見直してみましょう。

現場の釣りより各マニュアルに忠実過ぎてるだけで、釣れる釣れないは上手い下手もないんじゃないかな?漁師さんや魚の習性を知った方が良い気もする。

他には釣りの前にサカナクションの曲を聴いて行くと釣れる?東京事変の曲を聴きいてエギングをすると慣れる…なんて事も。気のせいか。

全てを出し尽くして釣れない時の私は潮のせいにして帰ります(笑)

失敗の処理(考え方)

今までの大きな失敗といえば子供の頃に複数回。この経験は今も役立っていて繰り返していない。

  • 根掛かりを無理やり曲げ抜いて竿がバットからバキッ!(コンパクトロッド)
  • 初サーフに連れて行ってもらった時に『釣りキチ三平 シロギスの涙』に出てくるシャークの真似をして遠投を試みるもバットからバキッ!(笑)

怒られない為に精一杯ついた竿のせい!の言い訳も、現場にいないはずの親にはさとられており、普段せんような無理な事したっちゃろうが!にわかな事をしたらそうなると激怒。

昔の人は竿を『またごす(またいで通る)』事でもよく怒られていました。口も悪けりゃ怖い大人がゴロゴロしてたからね(笑)

いくら道具のせいにしても分かる人から見れば回避する道はいくらでもあると思い知らされる一幕、失敗は自分次第で何とでも回避できる事でもあると反省。

SNSでも見かける、本当の不良品で知恵を付けてもらうのもいいけど、そう見ていない人もいる。自分の恥として笑ってもらうか、黙って今後は繰り返さないように活かしてみるのもいいかもしれない。

実際はSNSを見ていない釣り人の方が多いので、気になっている事を幾ら騒いだところで昔とあまり変わらない釣り場の光景でもある。

そんな失敗も活かしてみようお話しでしたが、少しでも役に立てればなによりです。

コメント