釣り・その他

ロックフィッシュ
スポンサーリンク

エサ釣りが当たり前だった昭和は小学生から、釣りを初めているので、基本何の釣りでもやります。

一時期は仕事の忙しさ、護岸整備など、釣り場の減少もあり、行くとしても磯釣り以外、近場の釣りから遠ざかっていた時期もありました。

最近は釣りが出来る時間がもてるようになり、人が通るような場所の釣りはちょっと恥ずかしい?とか思わなくなる歳なんだろうか、どこでも狙える魚は狙っています。

釣りの計画さえ決まってしまえば、季節や場所に合わせて考え、身内の子供達とサビキ、冬の投げ釣りなど、手軽に遊べる釣りもするので、少しご紹介していきたいと思います。

アジの泳がせ釣り

小さなアジが釣れている時には必ずやっている泳がせ釣り。

昼夜、季節を問わず何かしらヒットしてくれるので、時間がある時には挑戦しています。

仕掛けとタックル

仕掛けは市販されている物もありますが、私は道糸に針を付けるだけの簡単な泳がせです。

針はマダイ針くらいが良い感じですが、軸がちょっとゴツイかな?カン付きでフトコロが広ければ、そのまま結べて楽な気もします。

堤防からのヒラメ狙いであれば仕掛けはこちら

泳がせ釣り仕掛け(堤防ヒラメ等)

タックルはシーバスロッドなど、ルアーで使っている、丈夫なタックルであれば大丈夫です。

泳がせ方

場所でも変わってくるのですが、埠頭辺りで沈めてしまうと90%エイが掛かってくるので、オモリは使わない、イカ釣り(ヤエン)アジの泳がせ方法が多いです。

キャスト後、糸を張り、プルプルとアジが泳いでいるのを竿先で確認、糸を送り込むと深く泳いでくれると思います。後はドラグを緩々にして、アジが泳げば糸もジリジリと出るくらいでアタリを待ちます。

置き竿の注意

必ずドラグは緩めておくようにして下さい。ゆっくりと引っ張られるアタリは竿を持つ余裕もありますが、勢いのあるアタリは反動で竿にまで衝撃がくるので注意です。

エサの付け方

鼻に通すか、頭、背中付近くらいが一番良いと思いますが、私はアジがスグ弱ってしまうので、イカ狙いの時は、尾ビレに近いゼンゴへ、魚の狙いの時は背ビレと尾ビレの間に掛けています。

イカを狙っているのに、いつも魚が釣れるので、問題ないと思いますし、アジの活きが良いです。

今まで泳がせで釣れた魚

シーバス・サゴシ・クエ(アラ)・アコウ(キジハタ)・アオリイカ

底物狙いはいつも外道で・・・ エイ・エソ・巨大アナゴ・ワタリガニ

穴釣り・探り釣り

アジ、サバ、イワシが釣れたら切り身にして穴釣りもしてみましょう。

テトラポットの間や、岩場の隙間にブラクリを落とし込めばアラカブ(カサゴ・ガシラ)など、美味しい魚が釣れますし、付け餌が変われば根魚全般、メバルなども掛かります。

穴釣り仕掛け(ブラクリ)

穴釣りで特にお勧めなエサは、スーパーで売られているボイルしてあるタコと、根魚に万能なサバの切り身ですね。

夜の堤防は足元が狙い目

探り釣りも、昼間はライトタックルで十分ですが、夜になると思わぬ大物が掛かる事があります。

タックルや仕掛けをワンランク、それ以上に変更して、小さめのアジを一匹掛け、サバの切り身等を堤防下に落としてみましょう。

探り釣り(応用編)

探り歩かなくても、夜は足元へ、ボトム着底後、1mくらい巻き上げたところで待ちます。

堤防の構造にもよりますが、竿がのされたり、根に潜られても仕方ないくらいのアタリを捉える事があるので、竿は手で持ち、置き竿は特に注意しましょう。

投げ釣り(キス・カレイ)

温暖化の為か、私の住む博多付近では釣ることも難しくなったカレイ。

イシガレイ

冬の昼間は、たまに投げ釣りもしています。外海の砂地帯はイシガレイ、湾内の砂泥底はマコガレイな感じですが、近年はフグやヒトデばかりといった状況が続いています。

初夏から秋口のキス釣りに関しては、砂浜、防波堤と安定した釣果が見られます。

投げ釣り仕掛け

投げ釣り・天秤オモリ

専門的に狙っている人でない限り、市販の投げ釣り仕掛けでも大丈夫です。

流線針が付いたチョイ投げ、投げ釣り仕掛けに、タックルに合わせたジェット天秤、キス天秤などのオモリを使用します。

投げ釣り仕掛け

針:キスは9号~、カレイは11、12号位を使っています。( それ以下になるとハリスも細く、針が曲がったり、折れる事が多い為です。)

万能エサ

イソメ類ですが呼び名が釣具店でも各地方で違います。

本虫(岩ムシ・マムシ・岩イソメ)アオイソメ(青虫・青ケブ)イシゴカイ(ジャリメ・岩デコ)