シーバスカテゴリー追加と連敗のご報告

20201027河口
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ここ数日ルアーでの釣果が見られないところですがシーバスカテゴリーを追加してみました。

連敗三日目のルアーフィッシング

湾内を中心に3日連続のボウズ。潮的には明日からだと思っていますが、寒くなってきた事もあって朝は行こうか迷います。

週末の川から昨日は箱崎埠頭、今日は河口へも行ってみましたが狙いのシーバスはアタリが見られませんでした。

河口での釣り

それでも夜の湾内は太刀魚が好調の様で、博多湾(東区でも確認済み)は何年かぶりに賑わっています。

近場で釣れる年には釣っておきたい太刀魚(エサ釣り)は後日に控え、湾内シーバスの方も上がってきてほしい感じです。

チヌが良くなってきたかも?

例年9月頃から一時渋くなる博多湾のチヌも先週くらいから又釣れ出したかな?と思える釣果が見られます。それでも最盛期からしたら渋目でしょう。

今日も際に夢中なおチヌ様は無警戒で気になるし、釣ってみる?と言わんばかりのお食事タイムでした。ここで近場のチヌ釣り再開も考えるんですけど…

一昨年だったか?この時期はジギングやルアーの釣り人ばかりになり、岸壁で落とし込みをしているのが私だけだった時の事、周りが釣れていない中で注目を集め、仕留めたおチヌ様♪。でしたが、周りから聞こえてきたのは『お?何が釣れたと?チヌ。あーチヌね』って。

どうでもよさそうやんか!おい(笑)

それ以来、落とし込みの釣り人が少なくなった季節の近場岸壁では何か肩身が狭く感じてやらなくなりましたとさ。そんな具合なんですがチヌも楽しそうです。

ターゲットにシーバス追加

当ブログは釣行記録として一年中なにかしらの釣りを楽しみながら投稿しているのですが、湾内のシーバスは得意じゃないのもあってカテゴリー(分類)がありませんでした。

エサ釣りの最中には良く釣れるシーバスも、ルアーで狙って行くと釣れない日が多く下手くそ。なので専門的に狙う事がなかったのもあります。

しかし湾内の釣りではルアーで狙う一番人気のターゲットですし、通っている沖防や外洋サーフでも季節や波の条件が合えば日中でも良型が出る、楽しめると知り、ルアーフィッシング・シーバスカテゴリーを本日より追加です。(スマホでは下段にあるサイドバーより確認できます。)

来年は沖防も少し様変わり

2020年現在行われている沖防工事、切り離される防波堤で少し様変わりします。

白のへ工事

沖防へ渡る回数やターゲットもチヌ、シーバスと増え、来年は博多湾・博多沖防のカテゴリーに分類して投稿したいと思います。コチラの方も宜しくお願いします。

それでは明日こそ、船出るかな?『白のへ』か『赤』辺りでシーバスを拝みたいところです。

コメント