干潮時は意外と湾奥が良かったりする

須崎湾奥 へチ・落とし込み
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

チヌ釣りも最盛期に突入していますが、まとまった雨も降らず、湾岸(地波止)では爆釣とまで言い切れません。

干潮時の湾奥

先週は満潮の潮が午前中に動く好条件と思いきや、湾岸では苦戦、下げが動き出す午後がいい感じでした。

朝の干潮だと須崎付近の湾奥から狙う事も多く、こればかりは例年通り変わっていませんし、全ては水深の問題、川沿いはアウト、奥まった場所に位置する岸壁が狙い目と思っています。

釣りとしては、月火と寝坊してしまい、雨も降りそうな天気、確認の為に日が昇ってから、今日は遅めの出発です。

須崎湾奥(西側サイド)

先週の満潮時は苦戦した須崎西側サイド、釣れる時はいつも干潮時ばかりなので少し試してきました。

気が付いているのは、50cm程オーバーハングした岸壁、潮が満ちてくると沖に(右方向)向かって潮が動くので、仕掛けが流され、奥まった壁際へ上手く落としにくいのがヒット率低下の原因です。

干潮の今日は流れもなく、仕掛けは真っ直ぐに落ちていたので、スライダーで足下へ送り込めている状態、この事から、際へ寄せやすいのが干潮なだけで、上手く落とせれば、満潮でも大丈夫な気がします。

際を叩いて落としていると、チヌらしきアタリもありましたし、途中で船の接岸が無ければ、もう少し周辺で粘れたのですが、残念な結果に終わりました。

週末に向けて

今週の天気は微妙ですが、今のうちに小物類の追加やエサの確保も必要な感じです。

今年は複雑な際をした岸壁を好んで回っているので、仕掛けの傷みも早く、秒速でやられたりと、週末に向けて特訓。

他にも博多湾では豆アジが釣れているので、一回目のツマミ調達もアリか♪食べるのには中途半端に骨が立つサイズより、骨ごといける豆アジか刺身に捌けるアジが嬉しいですね。

豆アジを捨てている人

チヌ釣りで、岸壁を歩き回っている私が目にする中に、豆アジが干乾びて上がっていたりします。

持って帰るのには少ないのか、何なのか?持ち帰るか迷う魚や数の時、とりあえず活かしておけばいいと思います。

いきなりクーラーに入れても、結局『これだけなら逃がしとけばよかった』そんな経験があれば、小さい魚は特に、フタ付きの水汲みバケツにでも入れて海に沈め、その後も釣れ続けるのか、最後まで様子をみるようにしましょう。

へチ・落とし込み博多湾
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント