セイゴやフッコと戯れる

20201127シーバス
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

前日の湾内シーバスはセイゴ~フッコサイズ等々。アジやコノシロとベイトでもある魚も確認出来ました。

朝マズメのベイトとアタリ

来週はもう12月に突入してしまい湾内の釣りも終盤に迫る前日金曜日の釣行記録です。

ここ最近で言えば数少ないベイトが寄っている(浮いてくる?)午前中はアタリがある感じ、日中はベイトが確認できてもルアーに当たってくるシーバスの反応は渋い。湾内はコノシロやボラ、外洋はカタクチイワシの群れが主なベイトとなります。

バイブレーションで釣れたアジ
バイブレーションに掛かったアジ

マキエを撒けばアジが釣れるので、こちらは泳がせ釣りのエサとしても使われています。

コノシロ

朝マズメはピチピチと海面を叩くコノシロが数匹浮いてきたところにルアーを引いてシーバスヒット!からのバラシやスレ掛かりでコノシロ(25~30cmサイズ)でした。

利点となるランガン

釣るスペースが限られた岸壁や防波堤、小型から大型まで魚の方から寄って来てくれる季節や場所、魚種は別として、この時期はランガンしながら釣りが出来る場所を選択するのも一つの手段。

午前中アタリはあるんだけどセイゴ~フッコ

広範囲にランガンしながらポイントに入る、自ら動いていく釣り。(それができない、だからと言って各防波堤へ車で場所移動を繰り返すのとはまた違います。)

好ポイントであってもそんな釣りが出来ないのであれば『頭と尻尾はくれてやれ』くらいの気持ちで、釣れなくても思う存分釣りが出来た方が楽しめるんじゃないかと思います。

気が付いている人もいるはずですが、市内でも人気の志賀島や須崎付近なんかは近場でも人が多くチョイチョイ(あーじゃないこーじゃない)突いてこられるので実際近寄ってもないでしょ(笑)

小型シーバスからキープまで

そんな釣りの方も人が少ない堤防(赤)をKさんと選択。沖防のシーバスではKさんの流れを汲む私は(どんな流派よ(笑))時に別々の場所に上がれば情報交換、このところボウズの日もなくなり、渡り甲斐も出てきたというものです。

キープしたスズキ
私(上)Kさんのシーバス(下)この10cmの差がもうね。運はあれど違いはいつも物語ってる。

前日は赤堤防中心から左右に別れてのランガンでセイゴ~フッコ(小)サイズを共に数匹、釣れたら宜しくの、お持ち帰りOさんへは各一本ずつキープしての終了。近いうちランカーサイズを共にWINWINといきたいものです。

湾内外洋と使い分けながら

今年も年末に向かって湾内と外洋に行き来しながらの様子見、いい年もあればガクッと釣果が落ちる12月はどうでしょう。

湾内ルアー

博多湾内のシーバスも本格的に?始め、色々投げているようで両面これのみ。手の平サイズでコンパクトに抑え、あちこちで投げ散らかさない限りは10年くらい軽く持つだろう。

使い分けのリール

タックルに関しても天候が悪い日以外は殆ど釣りに行くから、ロッドやリールは使い分けないと同じ道具を使い回していると傷みも人の倍以上、たまに休ませないと…去年くらいからそう感じています。

週末の今日明日は強風予報、お誘いが入っていたけど中止のようで半夜(タチウオ)なら行けるんじゃないかと密かに考えながらの投稿でした。それではまた。

コメント