イガイスライダーでオーバーハング岸壁攻略

クロダイ へチ・落とし込み
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっとしたオーバーハング岸壁をイガイスライダーで日影の際攻めをしてみました。【博多湾】

オーバーハング岸壁

博多埠頭は西向きに多く見られる鉄板式?岸壁。50cmほど足元から入り込んでいます。

岸壁のオーバーハング

東向きや横っ面になると平坦な岸壁ばかりが目立ち、物足りなくもなりますが、やり取りの面で言えば仕留めやすいとも言えます。

際を狙うにあたって、難しく思えるオーバーハングした岸壁も、イガイを使えば足下へと送り込む事が可能なので、イガイスライダーの実践を少し記事にしてみたいと思います。

イガイスライダー

貝の付け方で落ち方も変わってくるイガイ(カラス貝)、蝶番から真っ直ぐ長い方へ針を出す事で、口の方へと進んで行く落ち方になります。以前の画像ですが、こんな感じで付けます。

イガイスライダー・貝の付け方

重心が口の短い方に加わるような感じに付けると、斜めに落ちていくでしょう。

私はオモリを殆ど打たない人なので、貝から出す糸の位置、水面下の確認くらいで調整していますが、糸オモリを針に巻けば、確実にスライド、貝の動きも変わるはずです。

【チヌ】イガイスライダー・正面打ち【博多湾】

この時、口の方に向かって落ちていくので、竿先と糸は外に張り、仕掛けが際へと進むようにコントロール。竿を真っ直ぐ海に向け、立ち位置を正面に置けば分かりやすい。

オーバーハングしていれば足の下を仕掛けが通っていくような感じで、際壁に到達すれば、貝が当たり、障害物に乗れば外すを繰り返していきます。

クロダイに曲げられた針

埋め込みとなると、クロダイがイガイを割る力がダイレクトに針にも表れる。

一般的な貝の付け方

色々な付け方がありますが、コントロールは難しい、必要ない場合は、口が短い方へ刺したりもします。

ただ、短い方は、硬い部分なので刺しにくいですが、大体安定して貝が落ちてくれます。私は安全ピンで数ヶ所に穴を開けて針を刺す。

大きい貝だと安定感と、下の方の口だけ貝が割られたり、ショックにも繋がってしまうので、今のところ小さいカラス貝の時は、この方法です。

一般的に掛かりも良く、付けやすいのは繊維掛け、長い口からちょこんと出たトッピング、飾り?みたいな繊維、それに針を掛けます。

自然な感じでプラプラと落ちるので、食いもいいようですが、針と貝がバラバラに口元へ届くので、貝のみ逝かれると、これまた悲しいです。

エサ持ちも繊維の出具合なので、貝は塊を多めに持っていくようにしましょう。

小さ目のイガイを付けた釣行記事

丁度、イガイの付け方×2を試す機会があった日の記事です。

イガイ用に追加した針

今月に入って追加した5.6号の針の件、最近は小さいイガイを使っているので、逆に6号のチヌ針は埋め込めない、ハミ出すといった具合になっている今日この頃…

大き目の貝でもゴリゴリ当たってくるようなシーズン、サイズになってもらいたいものです。

今日のチヌ釣り

実は遥々、西区方面の岸壁はどんな感じだろうと、朝イチはマリノア奥から少々探ってみました。

よく分からない結果と、エイの大群を眺めながら逃げて帰ってきた次第です。

水面に群がるエイ

それから荒津オイルセンターに寄り、こちらは落とし込みって感じがしないというか…

ヘビースモーカーの私にとっては厳しいポイントでもあり、ココの狙い目の場所は後日公開。

仕方なく博多埠頭へと戻って来ましたが、ここぞとばかりのイガイスライダーは思い通りの展開となりました。

釣果黒鯛

これからの天気、ようやく雨ばかりの日が続きそうで、明日の昼までは大丈夫か?といった感じ。

出来れば最後に沖防へ行って、一時休憩になりそうな今後一週間です。

へチ・落とし込み博多湾
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント