へチ釣り朝練(プチ・ランカーシーバス)

スズキ(シーバス) へチ・落とし込み
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前日の大会で余った餌(イガイ)を無駄なく使い切る為、博多湾に早朝のへチ釣りです。

今年は殆どスズキ(シーバス)

元々はムシエサで釣れていたのでスズキと言っていましたが、ルアーで釣るようになってからはシーバスと呼ぶ方が多くなりました。

餌ではセイゴ(約40cm未満)、ルアーではフッコ(60cm程度)が良く釣れる博多湾。

ランカーシーバスは90cm以上になった体高共に風格のあるシーバスくらいでしょうか。

70cmくらいはまだフッコ、風格はそれなりに微妙なので厚かましくない程度にプチランカー呼ばわりしてみました。

前日の夜も大会前のウォーミングアップにと、イガイを少し落としてみたところが、ヘチ竿ではハードな練習をさせられるプチランカーサイズ。

70cmオーバーのスズキ

小さいサイズに比べてエラ洗いは水面に出た時に多少するものの、ウロウロと押さえ込まれる力はチヌにも匹敵します。

良型シーバス

今日も同じくフッコ以上、ランカー未満のお出ましです。

躱すエサも限られる

釣れる分には嬉しい獲物ではありますが、チヌ釣りとして今シーバスを躱す餌はない程になっている博多湾。

カニは普通に当たってくるのはわかっているので、イガイ(カラス貝)それでもやはり針先が出ていれば掛かってくる状態。

その他フジツボの手もありますが、そう言えば今年はあまり見かけないイナッコ、エサ不足。後は、お腹をいっぱいにさせてくれるイナ(ボラの子)任せになるでしょう。

シーバス狙いとしては釣りにくくはなるかもしれません。

シーバスを食す

埠頭で釣れたシーバスやチヌはリリースしていますが、釣りばかりして手ぶらが続くと『持って帰ってこい』と、うるさいお方もいるので、今日はストリンガーへ。

どちらかと言えばチヌよりシーバスの方が食べるのにはいい感じの我が家、長物なので場所(スペース)も大変。クーラーに収まるくらいの魚が一番助かります。あまり大きい魚もどうでしょう。

チヌやシーバスでも40cmくらいで鱗が綺麗な方が美味しい気もするし、年を重ねたボロボロな大型の魚は釣り人の夢とは反し、味としてはイマイチのような気がします。

磯釣りをしていた頃もクロ(メジナ)、チヌはクーラーいっぱいに持って帰って来る日もあり、たまにはいいけど、家では殆ど飽きてるようで?外道として釣れたアラカブなんかの方が先に捌かれて人気です。

そんな訳で、昨日釣れたものより少し小さいけど良型シーバスは食す為に持ち帰りました。

茹でたガザミ

でも、何故か家には旨そうなガザミが茹でてある♪当然私はこちらのカニを食します。

へチ・落とし込み博多湾
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント