須崎埠頭・博多湾

須崎埠頭 博多湾
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

博多埠頭に釣りに行こうと言えば真っ先に思いつく釣り場は須崎埠頭だと思います。

須崎埠頭の特徴

須崎埠頭は、博多中央ふ頭のお隣、那珂川沿いに面している大きな岸壁です。

古くは冬のカレイ、アイナメのポイントとして知られ、岸壁には多くの竿が並び、夏はチヌの落とし込み、目印を付けた釣り人が川沿いを探っていた光景が思い出されます。

現在はSOLAS条約などで埠頭周辺は柵がされ、湾奥の一部、埠頭突端での釣りしか出来なくなり、近年はサビキ釣り、ルアーのシーバス、チヌの落とし込みの釣り人を見かけます。

夜のランカーシーバスにも定評があり、近場でも侮れませんね。

春から秋にかけての釣り

釣れない事はないのですが、冬のカレイが少なくなってから、埠頭の釣りは春から秋がメインで、冬は湾奥のヒイカ、寒ボラ(一部の常連さん)くらいでしょうか。

春からシーバス、シリヤケイカ、ウナギなどが釣れ始め、初夏のアジゴ、ハゼ、チヌ、場所によってはキスも釣れるようです。

秋にはサゴシや太刀魚が湾に入り、サヨリなども加わって、ベイトも多くなっている季節が博多湾の終盤、冬へと落ちていきます。

岸壁突端

那の津口の交差点を須崎へと進むと、須崎埠頭突端に突き当たります。

須崎突端

先端では左右に岸壁が伸びており、釣りとしては、両サイド付近が好ポイントとなるのですが、会社倉庫なども隣接しているので、邪魔にならないようにしましょう。

他にも大型船の停泊、運搬作業も多い為、休日や早朝、夕マズメ、夜が無難かもしれません。

サビキ釣りも多い為、アジゴ、サッパ(ママカリ)、コノシロ、イワシが集まっています。

博多湾シリヤケイカ

最近は埠頭でも釣れるイカとして、春のシリヤケイカが人気。

エギング、エサ巻き(キビナゴ)で狙い、アタリ年の岸壁にはイカ墨も多く見られます。

外道には手長ダコ(足長ダコ ) 、こちらも博多湾で多く釣れるようになりました。

須崎湾奥(那珂川沿い)

那珂川河口付近、中央市場周りが湾奥と言われる地点で、昔ながらの雰囲気も残る静かな岸壁、イナ(ボラの子)が多く溜まっていて、夜はルアーでシーバスを狙う人が多いです。

全体的にサビキ釣りは一年中見かけますし、ちょっとしたファミリーフィッシングにも適しています。

ツマミと泳がせ釣りのアジを釣る

須崎西側岸壁

対岸には荒津オイルセンター、都市高速を境に中央市場、かもめ広場などの船溜まり奥へと続いて行きます。

2019年、西側サイドの岸壁でへチ釣りです。

須崎埠頭まとめ

シーバス、チヌ、アジは安定しているのですが、博多湾内は毎年、入って来る魚の量や魚種に変化もあります。

博多湾の釣果情報をチェックして、釣りに行くといいでしょう。

博多湾
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント