今年のイカ釣り月間

イカ釣り
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

去年からあまり行けてないイカ釣りですが様子見はしています。冬のヤリイカから現在はアオリイカ狙いです。

冬場のヤリイカ

ここ数年、市内近郊のヤリイカ釣行では不発が多く、二月に一度釣りに行くもやはり3杯に終わっています。

ヤリイカ

釣れないことはないのでタイミングよく群れに当たればいいのですが冬場は風などの天候もあるので又来年を楽しみに春を待つことにしました。

4月中旬は春のエギング

キロアップを狙っての4月中旬は市内の堤防から様子見、今年は風が強い日も多く潮や時間も合わず一度だけ行ってみました。

防波堤

夕方から夜中にかけて投げ倒しますが不発に終わります。しかし、目に見える範囲では2杯の釣果が確認できたので5月の連休明けが楽しみでした。

アオリイカの確認

イカ全般に関してですが、私が向かう防波堤での釣果が数年あまりよろしくないので確認の為に泳がせも試みています。

ところがエサとなるアジが釣れない…この時期であれば型のいいアジも期待できるはずが今年も不調。明るいうちからサビキによるエサの確保もトウゴロウイワシやスズメダイに苦戦し夜になりました。

暗くなってからのアジ釣りも釣れぬまま、次回は潮と時間、エサも忘れず再度挑戦したいと思います。

トウゴロウイワシ

仕方なくサビキに掛かってきたトウゴロウイワシを付けての泳がせ、普通のイワシと違ってこちらは身がしっかりしています。

どちらかというとイワシに見えるがボラの幼魚(イナ)に近いウロコで、エサにはしやすいけど沈まない。そこはガン玉を打ってカバーしましたがダメでした。

トウゴロウイワシ

これであればスーパーに売っているアジでよかったかもしれないと思います。

アブッテカモ(スズメダイ)

外海の日中は大体アブッテカモに苦戦するエサ釣り。型が良ければ数匹お土産にもできますが、外道は外道。持ち帰るには程遠いサイズです。

夜は泳がせるエサもなく、こちらを底物狙いとして沈めておけばよかったと思いました。

スルメイカ

夜のナイトエギング。この日は小潮で潮の流れも穏やか、シャロータイプでゆっくり攻めるも根掛かりすらしない去年と同じ状況です。途中から重めのエギやサイズを変えていきますが反応なしです。

満潮時間に近づいてくるとエギがゆっくり流されるようになってきたので潮に乗せながらドリフト、すると藻に掛かったように引っ張られる感触が伝わってきたので上げてみると季節外れ?のスルメイカでした。近郊ではあまりお目に掛かれないスルメイカで嬉しかったです。

スルメイカ

型は小さく数釣れるのなら持ち帰ろうと一時ストック、後が続かず迷った挙句に泳がせてもみました。

最後は弱ってしまったのでハサミで捌いて切り身に…結局はアタリもないまま終了です。

次回の釣行予定

来週は潮と時間が合う一週間、近場のチヌ釣りやエギングと天候さえよければ詰めて行こうと考えています。

近場岸壁のチヌ釣りも先週一度バラシてますし、アオリイカも拝めてないので次こそは釣りたいと思います。

コメント