福岡エギングの季節・場所・時間

糸島・日の出アオリイカ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

大型のアオリイカを狙った春のエギング、短いシーズン中に釣果を出す方法と対策です。

福岡のアオリイカシーズン

アオリイカを狙ったエギング、最盛期シーズンのお話。福岡市内を中心に考えると、まず目安となるのが西方面の釣果で釣り情報からも確認する事が出来ます。

防波堤の釣りでは釣具店に魚の持ち込みがあったりと、良くも悪くも考え次第で活用、例年4月中旬~5月が大型の狙い目。

日中の気温も20度を超える日が続く5月は最盛期、ゴールデンウイークが入るので、その頃に数多く上がると思います。

最盛期と言っても産卵期の親イカが浅瀬に寄ってくるので、防波堤からのターゲットである大型が狙いやすいと言う事でエギングの最盛期なのかもしれません。

6月は雨の日も多くなりますが、アジゴなどのベイトも釣れるようになっているので泳がせなど、他の釣りも楽しめます。

場所選びポイント

5月はエギングをする釣り人が多くなり朝マズメは場所の確保だけでも大変です。

特に福岡の防波堤は数も少なく、中規模の漁港が目立つので休日しか釣りが出来ない人にとっては天候や潮、釣りにくい釣れない日も続いてしまうのではないでしょうか。

長崎、佐賀方面の堤防には福岡ナンバーの車が多く見られますし、イカ釣り人気以上に場所選びも苦労させられます。

一番いいのは季節や時間、人が入っていない場所を狙えれば釣果は見込めると思っています。

堤防周りの藻場

根掛かりも多発してしまうアオリイカが好む藻場。日が当たる浅瀬に広がっているので、以外と堤防の入り口付近や際などもポイントになります。

釣りの形跡は残さない方ですが、イカ墨などが残っている場所は目の前に好ポイントがあるサインなので扇型に探ってみましよう。

釣りやすい時間

福岡の防波堤も春は休日以外、朝マズメのエギングが一番多く日中は好ポイントでも人は殆どいない所ばかりです。

ただ昼間はイカが寄っている気配もなく青々としたスケスケの浅い海ばかりが広がっている感じでもあります。

アオリイカの夜釣り

私は人が多く場所がないのは避けたい事から防波堤の障害物や藻場の下見、潮の動きを確認し好ポイントと言われる場所に夜から入って朝マズメで終わるように釣りをしています。

真っ暗で心細くもなるかもしれませんが、静まりかえった夜の防波堤を活かして狙っているつもりなので釣りをする時も静かに、無暗に海面をライトで照らさないように心掛けてください。

後は忍耐力!どれだけ投げれるか頑張ってみましょう。

コメント