エギング&アジの泳がせヤエン

ヤエン針とアオリイカアオリイカ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

アジが釣れる防波堤だったので泳がせのヤエンとエギングでアオリイカを狙ってみました。

五目釣り釣行

高校生・大学生になって初の弟子2(弟の子)、その友達などのお誘いを受けて今日は久しぶりの某防波堤にやって来ました。

釣り未経験者2名と私を入れて計6名の団体様。ゴールデンウイーク前というのに早くも連休気分のご様子です。

冬のヤリイカ釣りの話をしたのか?よく釣れるような事を聞いて連れてこられた初心者の2人、季節も違えばサビキのアジ釣りでもしてもらおうかなと思います。

しかし、今のアジは沖目のアジングやエサ釣りで大型も狙える時期!ムシエサのウキ釣り、アジングなどみんなで分担して釣って頂きました。

アジングセット

ここでキロアップのアオリイカを釣れば、『ヤバ!』って言ってくれるだろうか?と、考えながら私は離れてエギングです(笑)。

ヤエン・活アジの泳がせ

エギングをしながら様子を見ていると、まずはサビキ釣りでアジゴがチラホラ釣れています。

数は少なくマキエ(アミ・パン粉)を撒いても集まる程はいないようで、お刺身サイズは遠投のアジング、ウキ釣りにお任せです。

ゆっくりエギングはできないかもしれないと先日なくしてしまったヤエンを新しく調達!

今回はスムーズにヤエンが落ちていくように鉛付きのヤマシタ・アオリヤエンMサイズにしてみました。

ヤマシタ・アオリヤエン

今まではヤエン針が長く持ち運びが不便なので短いコンパクトなヤエンでしたが、失敗も多く決断、これなら!と、早く試したいと思っていた今晩は2本の竿で小さ目のアジゴを貰い泳がせます。

待望の泳がせにアオリイカヒット

エギングの横で泳がせている竿に待望のアタリが!ジージーとドラグ音が鳴り響きました。

竿を持ちグイグイと引っ張られるライン、流れ藻もなく真っ直ぐにイカ迄届いてると確認したら、タイミングを見て新着ヤエンを投入!鉛付きだけに勢いよく滑り落ちていきます♪

今まで使っていた物と違いエサのアジが付いた針まで到達しただろう感がよく、スーッと合わせを入れると掛かったようです。

エギングとはまた違った面白さ、水面に浮いてきたアオリイカは中々のサイズはキロアップで嬉しい♪

これならヤエンの難易度も下がるような、失敗も少なくなるのではないかと感じました。

2019年(4月下旬)春の釣果と状況

今日はアジングでの釣果はなくサビキ釣りではアジゴが少々、ムシエサを使ったウキ釣りでは20cmを超えるアジが数匹、確認できました。

アジゴは6匹程、泳がせ釣りに使ったのとスカリの中にイカを一緒に入れていた為、いいサイズのアジがズタズタに噛み千切られてしまっていたハプニング、分け合える魚も少なくなり申し訳なく少し残念。

いつもは恒例の切り身で特大アラカブも狙えたのですが、干潮で浅くワイワイガヤガヤとそれどころではなかったようです。

アジさえ釣れてくれれば他の釣りも出来る春の釣りは型の良いアジ、小さ目のアジをエサにして狙う泳がせアオリイカ、去年はこの泳がせにクエ(アラ)もヒットして楽しめました。

帰りはみんな釣りが面白かったようで、おじさんは別の意味(アオリイカ釣れただけ)で満足(笑)です。

後一ヶ月半くらいは五目、エギング、こんな釣りをしていこうと思います。

コメント