糸島半島は引津湾にある堤防の様子

新町波止糸島半島・糸島方面
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

糸島の西部に広がる引津湾・岐志に立ち寄ったので波止の様子と釣りを少し見て来ました。

新町の波止に寄ってみました

岐志漁港の手前を海へ抜けると新町漁港があります。規模は小さく引津湾奥の船溜まりの感じで穏やかな海辺です。

新町漁港から岐志漁港までの砂浜では投げ釣りを楽しむ人も多く、早くからキスが釣れ始める場所でもあります。

石積

現在は石積波止の際から藻が茂り沖の砂地帯はアマモが所々に生えている状況、砂浜からのキスはまだ釣りにくく、暑くなり藻が少なくなればサーフも面白くなっていくでしょう。

梅雨時期まではアオリイカ狙いで訪れる人も多くなる季節、今年2019年春の新町漁港は如何に!エギングシーズンも楽しみです。その先は岐志漁港も見て来ました。

岐志漁港では投げ釣り

こちらも新町漁港と同じく糸島西部へ来た時には立ち寄る岐志漁港の堤防です。

先の防波堤(白灯台)は風よけが設置された為か釣り人は少なく、手前は新町側の波止先端付近。

引津湾の春キス釣り

丁度、投げ釣りをされていたので釣果も見せて頂きました。

投げ釣りキスの釣果

春のキス釣りですが早くも型の良いキスが釣れており、もう少し寒い時期には大型も釣れていたとの事。

岐志漁港では私も白灯台の砂浜海岸寄りで夜の投げ釣りをしていた時には、ひじ叩きの落ちギス、タイワンガザミ等の大型揃いだったのでうなづける釣果です。

エギングはアオリイカ・コウイカ

新町周辺から岐志、船越一帯はコウイカが多い場所、春のエギングには風裏のポイントとしても人気で、コウイカは砂地帯のボトムを攻めていけばヒット率も多いのではないでしょうか。

特にイカ釣りが目立つのは船越、福の浦ですが、4~5月の春イカシーズンは先行できればエギングで候補に挙げる新町、岐志の堤防もアオリイカに関して外せません。

コメント