加唐島(かからしま)呼子沖

加唐島防波堤
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

呼子からフェリーで17分の加唐島は松島と小川島の間にある縦長の島で上物、根魚、青物と魚影も濃い釣り場です。

加唐島防波堤

島を取り囲むように設置してある防波堤、フェリーでの釣行では左に歩いて行く波止が一般的で右側奥にある波止は瀬渡しで渡るのがベストだと思います。

テトラ以外のポイントは足場も良く上物、根魚、青物と魚影も濃い釣り場です。

防波堤の釣り

堤防の先端付近ではカゴ釣りをしている人も多く沖を流すとマダイ、クロ(メジナ・グレ)、チヌ、夏はイサキ、アジなどが釣れています。

テトラポットはフカセ釣りでチヌ、クロ狙いです。

元々、加唐島周りの磯釣りが人気で荒れた時などの風裏、避難場所的なのが離島の防波堤で上物狙いの釣りが多いと考えます。

加唐島・松島の磯

島周りの磯(加唐島・松島)へは名護屋港から出船しているマリンペガサスで渡ります。

西波止から見た松島

加唐島の西波止テトラから見た松島の風景、足場は悪いですが潮の流れも速く魚影は濃いです。

近年の呼子沖は青物が中心でマダイ、チヌといったところ。クロに関してはハナレでキープサイズが少々、フカセ釣りのクロは馬渡島(大瀬)や西へ的山大島あづちおおしま(北磯、貝瀬)・生月(ハエ周り)・平戸(宮ノ浦)の磯が堅いでしょう。

ルアー・エギング

最近はフェリーで島に渡り、ルアー・ジグ、エギングをする人達も目立つようになりました。

加唐島だけでなく車で行けるような堤防は週末になると混みあってしまい釣る場所もなくなる傾向にあり、フェリーで安く渡り離島でゆっくり釣りをする人が多くなってきたように思います。

上物釣りでは狙っていないような根魚、青物、烏賊が狙いです。

青物が回っている季節はエサの付け替えの必要なくミノーやジグなどを使いコンスタントに釣り上げる人、底を狙えばアコウ、アラカブ、クエといった美味しい魚も上がります。

加唐島(港内の風景)

離島のアジは型も良く軽めのジグヘッドワームでアジング。エギングのアオリイカも離島の防波堤で人気です。

加唐島防波堤は4月~11月迄、イカ釣り(アオリイカ)禁止区域です。

離島の夜釣り

定期船で離島に渡ると朝マズメは狙う事が出来ずチャンスを逃している事もあります。時間に余裕があれば最終便で島に渡り夜釣り、朝マズメも狙ってみましょう。

佐賀方面へ遠征 アジ泳がせ釣り クエ(アラ)

冬の夜はこの呼子方面でササイカが釣れますし、暑い時期はアジや根魚の食いも良く離島だけに思わぬ大物が掛かるチャンスもあるでしょう。

コメント