小川島・佐賀県呼子沖

小川島離島・遠征・磯
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

フェリーで行く事もできる小川島は呼子沖にある島で防波堤からの釣りも楽しめます。

小川島防波堤

呼子沖でも大物が狙える事で知られる小川島は防波堤からの青物、マダイなどが狙えます。

島へは渡船の幸丸、定期船フェリー『そよかぜ』で渡り、島周りの磯や防波堤で釣りをする事になりますがフカセ、カゴ、ショアジギングの釣りが人気です。

小川島漁港からの注意事項
小川島漁港からの注意事項

冬の呼子は夜のササイカも有名なので人が多い岸壁を避けて島へ渡る人も多くなりましたが、アオリイカ(モイカ・ミズイカ)に関しては資源管理と増殖の為、禁漁期間が設けられているので確認しておきましょう。

釣れる魚(呼子沖)

夏は島周りで底物のイシダイ、クエの魚影も濃いだけに磯も人気です。

フカセ釣りは真冬のクロ(メジナ)がメイン、エサ盗りが多く見られる暖かい時期は期待薄で、近年の呼子沖ではチヌの大型は出るもののキープサイズのクロはハナレで釣れる感じです。

遠投カゴ釣り(マダイ・クロ・イサキ)

地域的に古くから盛んな遠投カゴ釣りは、上カゴ、底カゴ等にセットした大き目のタックルで遠投し沖に魚を集めて釣ります。

水深があれば表層まで浮いてくるクロやアジ、暖かい季節は底カゴでマダイ、チヌ、イサキも型が良くなりますが、どうしても重い仕掛けなので投げている人も少なくはなっています。

安定のアジと大型回遊魚

何処の防波堤でも安定しているアジですが、澄んでいる外海の日中は浅瀬に寄ってこない事も多々あります。小型のアジであれば港内に寄せている所もあるので効率よく釣りましょう。

小川島では夜になるとで尺アジも交じり、秋になれば40cmちかいカマスなども加わるようになり、2019年も港内付近の東波止、中波止でも確認しています。

アジ

小川島周辺で最も期待が出来るのは秋の青物で、早い時期から大型の回遊魚が見られます。

ヒラスのランディング

冬はイカの出荷で賑わう漁港も暖かくなると青物に変わっていくようです。

青物(ヒラス・ヒラゴ)の回遊

呼子の沖には小川島、加唐島、松島、馬渡島が並んでいますが、ヒラスの回遊が初夏から目立ち始め年末近くまで続きます。

地元の方から漁師さんまで船で出るより島周りに回って来る青物を釣った方が効率がいいのか、漁港からバイクで各所に散らばりコンスタントに仕留められていきます。

70~80cmのヒラス(ヒラマサ)ですが、まだ小さくて恥ずかしいとの事…タックルも大型でヒットするルアーや回遊ルート、時間帯、潮と大体把握されているようです。

季節に合わせた小川島の釣りも今後、更新していきたいと思います。

コメント