呼子エリア(加部島)青物調査2019

呼子大橋(加部島)離島・遠征・磯
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

唐津市の呼子町エリアへ青物調査2019始動。今回は呼子大橋を渡り加部島周辺に行ってみました。

呼子での夜釣り

昨晩から雨も降る悪天候の呼子遠征、離島予定をキャンセルして加部島かべしまで釣りをする事になりました。

夜11時頃に到着したので暗い内は呼子大橋下からアジ、アラカブ、アコウ等を狙ってみます。

片島漁港周辺

先ずはマキエも用意していたのでサビキや遠投ウキ釣りはどうだろうか。アジ、クロ、イサキ、事故でマダイといけば言う事なしですが…

エサ釣りは生イキくん2Pチヌ・オキアミボイル・イワシダンゴ、撒き餌にはオキアミをメイン配合、沖あみパン+オキアミ1角+アミ半角を『まるきんさん』で混ぜてもらいました。

準備しているエサとタックル

アラカブ・キジハタ狙いに燃えるSちゃんはKIJIHATA-HOG等を購入して挑戦。

アジが釣れればお互い、いつの間にか泳がせ用に仕入れてしまっているダイワ:アオリトライアルと私のプロマリン:アオリマスターも出動要請です。

活餌と展開

幸先よく釣れた小さ目のアジを中低層に泳がせて狙っていた根魚!離島のように上手くはいかず大きなアタリも無く不発…ドラグ音が響き渡る事はありません。

アジは順調にヒットしてくるのですが夜ともなれば変な外道も食ってきます。

危険な外道はゴンズイ

夜のエサ釣り(オキアミ)では要注意のゴンズイ。背ビレと胸ビレに毒針があります。

毒を持つゴンズイ

ヌルヌルしているので針を飲み込んでいるような時はハリスから切った方が無難、食べれるようですが釣れた方の判断にお任せします。

何故かウニ

エサ盗り対策にイワシダンゴを付けてみたせいかウニが針に掛かってきました。

外道で釣れたウニ

種類も定かでない棘がウニウニと動く細いもので刺さると痛そう。早々に海へお帰り頂きました。

今年のアジは小さ目

アジは好調で何処でも釣れているはずですが、今年はまだ小型が目立ちます。

小型のアジ

この時期の堤防であれば15cm、秋口になれば20cmくらいになっているように思えますが、泳がせのエサとしては使いやすく、食べるのにも喜ばれる魚なのでお土産に。

青物の回遊は?

夜釣りも無事に終え朝マズメのナブラ確認です。呼子方面はサゴシよりもヒラス(ヒラマサ)、ヤズ(ブリの若魚わかうお)、ネリゴ(カンパチの幼魚ようぎょ)が一早く回っていると考えていましたが呼子港~加部島の水道では青物が見られず…

去年は早くからヒラスの回遊、今年はどうか?ロッジ下(水道出入口)を見ても静かで潮的なもの?カマス次第なのか?西側の藻島や波止岬周辺も気になるところです。

福岡のサゴシも9月15日くらいから約一ヶ月、今季ズレてきそうな雰囲気も漂う2019年、秋口からのジギング、サーフに移り変わる今後は様子を見ながら移行予定。

加部島、呼子周辺の釣り場も少し回ってきたので後日、紹介したいと思います。

コメント