志賀島東波止 赤灯台

志賀島東波止 赤灯台 志賀島
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

島を正面に東側右手に見えてくるのが東波止赤灯台です。

外海唯一の防波堤

北風が吹く日は大体荒れている外海ですが、志賀島でも弘漁港に並んで釣果情報として出てくるのが外海にある東波止、赤灯台とも呼ばれます。

メインはテトラからの釣りと、内側は堤防が高い為、好き嫌いが分かれる所だと思います。

東波止の釣り

殆どの釣り、魚種が狙えますが、今は春のアオリイカ、秋のショアジギングといったところでしょうか。

元々はフカセ釣りのチヌ、夏のバリが有名な波止ですけど、お呼びじゃないかな?

志賀島のバリ(アイゴ)

内側に昔から浮かんでいるイカダ周りは、冬のカレイやアイナメが良かったんですけど、今は特大のハゼくらい?目の前の低い堤防が延長されてからは港内に向けての投げ釣りも禁止になったと思います。

外向きではスズキ(シーバス)の情報も聞きますが、外海でシーバスを釣った経験があまりないので、色々言いません(笑)

アオリイカはエギング

志賀島でアオリイカを釣っている人は殆どがエギングです。

テトラからというのもあると思いますが、ヤエン、掛け針を使ったウキ釣りをしている人はあまり見た事がありません。

常連らしき、おじいちゃん達は、白い玉に針が付いたタコ針をぶら下げてマダコ探しに歩いていますし、エギングの若い人達が多く集まります。

志賀島エギング

アオリイカのポイントは先端付近で、場所が空いていればいいのですが、春の場所取りは暗い内から始まっており、苦労させられるでしょう。

潮の流れ

ここの特徴として、先端は潮の流れが上げ下げ、左右に規則正しく流れていても、たまにフラフラとした流れが入り、若干左に流れ出すとアタリが出るように感じます。

砂浜が横にあるので影響しているのかは分かりませんが、潮が止まっていてもフラつきながら左へと潮もエギも流れてくれるといい感じになっちゃいます。

まぁ潮が動いていれば、どっちでもいいんですけどね♪なので、手前両サイドは内外とも、潮がしっかり動いていないと厳しいです。

東波止(赤灯台)まとめ

サーフも近く、ベイトも寄りやすい堤防、秋はサゴシが多いですが、たまにヤズなども耳にするので、海が荒れていない日は外海のココ赤灯台へ来てみるのもいいかもしれません。

シーズン以外は静かな防波堤なので、そんな時に少し違った釣りも挑戦してみてください。

2019年志賀島釣行

エギングシーズン前の赤灯台へエギング釣行です。

志賀島防波堤
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント