志賀島・弘漁港

弘漁港 志賀島
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

北風にも強く、魚影も濃い事から、志賀島の釣果情報と言えば主に弘漁港である。

釣り場データ

志賀島の西側に位置する漁港で、玄界灘から博多湾への出入り口となる場所の為、釣れる魚種も多彩で、古くから人気の釣り場です。

近年、テトラポットが多く設置されており、釣り場の減少と、足場の悪さが目立ちます。

外波止テトラ

元々は外波止の方に釣り人が多く訪れていましたが、巨大テトラが防波堤の中央に積まれてからは、あまり見なくなりました。以前はチヌ、クロが釣れる好ポイントで、沖波止も出来てからは潮通しも悪くなり、フカセ釣りをする人も少ないです。

周りは砂地帯で、冬のカレイ、夏のキスは良い型も出ますが、テトラ際のアイナメやアラカブ、メバルといった根魚は小型が多く、期待薄かもしれません。

内波止

今の弘漁港はメインとなるのが内波止、潮通しが良く、大潮などは左右への流れが強い日があります。その為、魚の寄りも良く、エサ釣りのアジは勿論、チヌも大型が出るポイント。

弘漁港内波止

先端付近はサビキで狙うアジ釣りで賑わっていた地点。

弘漁港のチヌ(黒鯛)

こちらもまたテトラポットが奥の方まで増設された事と、目の前にはカニカゴを入れたブイが横に並べられていたりと、釣りにくい状況も見受けられてきました。

春のエギングでアオリイカ

外波止のアオリイカは、砂地帯に点在している藻場の周辺を狙います。

弘漁港でアオリイカ

内波止は人も多く、アオリイカシーズン中は、場所取りの競争率が激しいのですが、それだけ実績がある波止、一度はエギングで狙ってみたい場所だと思います。

秋の青物(サゴシ)狙い

毎年、秋頃はサゴシが回遊しているので、ここではショアジギングが人気で、ヒラメ、マゴチ、ヤズなども、たまに釣果として見かけます。

弘漁港まとめ

現在、2019年2月時点のまとめとしては、弘漁港の釣り場は、足場の悪いテトラからの釣りがメインであり、港内の船着き場以外は、ファミリーフィッシング向きではありません。

テトラポットが無い内波止、先端付近は船の出入りも多く、人気の釣り場だけに場所の確保ができればいいのですが、週末などは混み合う傾向にあるポイントです。

釣りが好きばってん
釣りが好きばってん

今年も追加情報があれば、随時更新します。

2019年追記

内波止の電灯前辺りまで延長された新テトラポットについて、大型で足場が悪いと思っていたのですが、シーロック型だと思われる形状で、旧型より釣りはしやすいです。

だから安全という事ではないので、テトラポットの上では気を付けて釣りをしましょう。

こちら側に行くほど水深は浅く、今後の釣行で色々と確認していきたいと思います。

志賀島防波堤
wanganfishing

その他、SNSにも参加しています。各アカウントをお持ちの方は、下記、アイコンリンクよりお立ち寄りください。

wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
wanganfishingをフォローして頂けると嬉しいです♪
釣りたいドットコム

コメント