シーズンを逃すとソゲばかり

2020ファストフィッシュフラットフィッシュ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2020年、明けましておめでとうございます。未だに青物の回遊が見られるのでサーフ・ショアジギから始めてみました。

年末から年始の回遊もの

年末前にサーフで仕留める事ができたブリも年末はチャンスをものに出来ず、年が明けてからは目の前に現れているのに見逃してしまったりと悔しい思い。

ベイトが少なくなってしまったのか群れも小さく、沖の方でナブラが見れるものの海岸に寄るのは一握りです。そんな回遊待ちともなれば時間だけが過ぎ、射程圏内に回ってきたらキャストして掛ける。いつもとは違って念入りなサーフの釣りではなくなっています。

凪ならミノーでヒラメは狙いたいし多少荒れればブリの回遊とシーバス、今現在のサーフはアタリが少ないだけに狙いはブレまくり回遊待ちのショアジギングも多めです。

重めのジグやシンペンで遠投

今日は波も無く朝マズメのフラットフィッシュを狙ってミノーを中心に通してみましたが音沙汰無し。去年の12月も中旬以降からヒラメやマゴチは厳しい状況です。

ジグ・シンペン

しかし海が荒れ気味になってしまった場合に使おうと常備しているジグやシンペンが今のところ活躍しています。

波風が出た日や沖のナブラ対策で出た表中層のフィッシュイーター(ブリ、シーバス)

捕食行動が見えているブリのナブラは追って遠投、群れの中に通す事ができれば殆どのルアーに当たってくると思っていますが諦め気味の状況時、サーフのシーバスなんかはモチベーションも上がります。

凪の日に使って思う事

凪の今日は遠投が効くもののジグ・シンペンはボトムを叩き引きずっている感、こんな日は迷いも出る。

舌平目(クツゾコ)

サーフでメタルジグを使っている時によく掛かってくる舌平目シタビラメは引っ掛けた状態で、ジグに興味を示し寄って来た魚をヒットさせたとは言い難い。

かと思えば海底をガリガリやっていても当たってくる手の平サイズのソゲとメガバス:マキッパ。

マキッパで釣れたソゲ

タックルの問題なのか凪の40gは色々な点で疲れてしまい、ボディも太目のブレード付きはフラットフィッシュ狙いなら30gでよかったかなとも思う。

あくまでブリの回遊待ちチョイスなので、波高、遠投、タダ早巻きでの選択であれば『まぁいいだろう』です。(カラーはどう見てもヒラメを意識しているような…)

マキッパのフック位置変更

何度かキャストしているとヘッド部分のアシストフックがスナップやショックリーダーに掛かってくる事があったのでアシストフックの位置を腹部側に変更してみました。

フックの位置を変更してみたマキッパ

次は20~30gのブルーやイエローも試してみたい、が!しかし!こっち系が増えるとケースが重くなる。

ラインでも巻き直してみよう

久しぶりにラインでも巻き直してみようかと?前々回はブリのヒットで下糸が見えていたなとフト思い出したけど、今残っている『四つ編みよつあみ1.5号』微妙と『下糸の4号』。

PEラインと下糸のカーボナイロン4号
左はPE1.5号4000円前後と右は下巻き600円前後

今現在は『八つ編みやつあみ1.5号』で太いかも!安いPEを使った人しか分からない太目領域は、八つ編み色無しホワイトは在庫切れ、使い回しでリールからリールへ巻き直してみたりと今では巻いた長さもハッキリしていない。

もう下巻きで調整したり何年目?大分短くなっていたのだろう(笑)色々と語らなければ分からぬ部分。その辺はあまり気にしない人なので別に勧めている訳でもない。

ただサーフ使用の四つ編みなら2~3号か?こればかりは買ってみないと分からず…10年以上PEラインに手を付けてない悩みが出てしまい次回シーズンまでお見送りです。

冬の福岡サーフとそろそろ

年明けの福岡サーフは人も少なくなり、『ベイト』『ヒラメ』『青物』は影が薄くなってきています。

釣れない事はないですが遠浅ですし、シーズンを過ぎればヒラメはソゲサイズが目立つので場所の選択、青物もまだ見られますが回遊次第(去れば次回は春頃来るだろうか)、釣り人だけに期待大、大げさに言っても現場に行けば寒さと苦難の釣りにはなると思います。

そんな訳で後一週間もすれば冬から春にかけてのイカ釣りへと変わっていくと思いますが、今年も宜しくお願い致します。

コメント