ネリゴがいた名付けてネリサー

2021.8.31ルアーフィッシング
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

何でも略すりゃいいってもんじゃないけど静かなサーフからネリゴが出てくれました。(型は小さいコネリ)

夏場のサーフフィッシング

暑いのは承知で久しぶりにサーフフィッシング、狙いとしてはマゴチのつもりでしたがアタリが無い!ベタ凪と下げに向けての潮だったので湾内サーフの方が正解だったかもしれません。

今日の外洋サーフ、ベイトに関してはイワシやボラが波打ち際をスイスイ泳いでいる程度、沖の方では鳥山も出ているが下からの便りはない感じでした。

来月2度ある大潮に向けては博多湾内にサゴシが寄せるかもしれないけど今年は少ないだろう予想で、良く釣れる年ならもう釣れていてもおかしくないかなと思っています。

ただ、近郊の防波堤は制限されていますから未確認な場所も多く、湾奥で様子を見るなら週末の潮からでしょう、外海のサーフはまだ静かなものでした。

サーフ用にタックルチェンジ

何でも兼用兼用で使い回していたタックル、釣りに行き出すとハードスケジュールになっていくので年季が入るのも早いです。出番はあるか?だったシーバスロッドも今じゃリアグリップが竿尻みたいに型が入っていますから。

キャスト癖が悪いんだろうけど、EVAグリップはテカってきたりと、大体ロッド・リールは良くも悪くも15000~20000円でキッチリ抑える(笑)それを超える時は必要か?と物凄く悩む方、このくらいだと何かあっても即諦めがつくからですね。って事にしておこう。

ダイワ・オーバーゼアー

で、買ったはいいが使っていなかったオーバーゼアー(やっぱり安い方)に、お手頃価格の21フリームス4000-CXH、今季はこれをサーフで使っていこうかなとセットしてみました。

フィッシンググローブ

テカりと言えば、夏場は手に汗をかいてグリップがツルツル滑るからってことでグローブをし始めたんですが、あら不思議、今は逆に素手でロッドを持つと違和感が出るようになってしまい、グローブを忘れると手元が気持ち悪い始末。

EVAのテカリがグローブで抑えれる訳もなく、高いグローブでもすぐ穴が開きボロボロになるので、釣具店にはグローブを買いに行っているようなものです。(付けない頃がよかった)

気配はなかったがネリゴ

釣りの方は朝マズメから何事もなく日が昇りきった頃、沖の方で鳥たちが集まり鳥山へと変化しますが海の中からの気配は見られない、とりあえず海岸に寄るのを待ってみました。

しかし沖の方でバタついてるだけで近くに来てくれず、仕方なく時折ジャンプするベイトを見計らいながら投げているとボラに引っ掛けたような感触にブルブルブルっとスレ?何かが掛かった感。

重さはあるけどマゴチのような気もするやり取り、上がってきたのは何とネリゴでした。ナブラもボイルも無く、小さくても青物がいる気配がなかったのでビックリです。

型は20cm前後、初夏に見かけるコネリ?。博多湾は出入口付近の堤防でたまに釣れるサイズと言った方が分かりやすいか、それでも回遊があると分かれば今後に期待でしょう。

ネリゴはカンパチの幼魚

九州の方かな?ではカンパチの幼魚をネリゴと呼んでいます。メーターオーバーでようやくカンパチだろうか?沖に出る人からすれば厚かまズーズーかもしれないので、風格はあっても未満はネリゴで通します。

近郊では7月中旬くらいから初夏に小型が、秋に40cm前後がたまに見られる。暑い時期の早朝イメージがありますし、ヤズのように回遊があれば一時釣れ続けるといった事はあまりないと思っています。しらんけど。

あと、福岡にカンパチは~アイナメは~なんかいません!等を見かけた事がありますが、小型ながら生息し釣れますから。あしからず。

近郊岸壁も見て来ました

先日の日曜日はAさんご夫妻が近場岸壁で釣りをしているとの事だったので見に行ってきました。

休日しか釣りに行けないのもあってか、今年はチヌが不調のよう。何かしら釣りたいようなのでアジを釣っての泳がせを勧めてみました。

準備万端で泳がせ開始♪埠頭ならシーバスやサゴシがいれば食ってくるはずと待ちの釣り。暑い時期は夜や日陰でのんびりした釣りの方が好きかもしれない。

雑談しながら小潮の満潮時間になってきた頃、目の前で潮がぶつかり合い出したのでアタリそうですね、なんて言ってるとドラグ音と共に竿が大きく曲がりました♪

『見に行ってるだけの私は手を出しません。』最初は竿を叩いてる感じから横に走る引きだったので本命だろうと思いきや、押さえ込まれたまま変に重そう…もしや…仲〇工事様でした。

アカエイ

アタリが出た時の興奮とやり取りでは超期待したんですけどねぇ。エイだと分かった瞬間、全然嬉しそうじゃなかったし(笑)練習としての手応えは良かったんじゃないかと思います。

実は途中でアジが死んでしまったのか、泳いでいた糸の張りが無くなってるのは気がついてたんですけどね。この博多界隈で底にアジを置けば間違いない獲物です。

明日から9月、次の大潮回りではガラッと海の雰囲気(魚種)が変わってくると思うので、いつもと違った魚で楽しもうかなと考えています。

コメント