肘たたきと言われる大キスを求めて

投げ釣りチャリコサーフフィッシング
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

台風前の先週末は糸島方面へ夜釣りに行く事があったので夜の投げ釣りに朝のサーフ様子見です。

夜釣りでキスを狙う

あまりメジャーではありませんが、この時期の夜に投げ釣りをすると釣れてくるキス。

砂浜から遠投を必要とした投げ釣りは竿先へのライントラブル、周りの状況と気を使う釣りでもあり慣れない場合は止めた方が無難でもあります。

そんな時に堤防周りが砂地であればチョイ投げ程度でやってみる事もあるので、暑さを避けた夜のキス釣りをしてきました。

今まで夜釣れた魚と言えばワタリガニ、アナゴ、チャリコ、キス、グチ、ハゼ、ゴンズイくらいかな?

今回の釣行は糸島半島、秋は朝マズメのナブラまで暗いうちは投げ釣りをしていた時に掛かってくるのが大キス!それも50cmオーバーの化け物キスです。

頭の中では贅沢な特大のキス天を期待しますが味は無く、大き過ぎるのは美味しくないのであります(笑)こんなんは刺身か塩焼きで食べてます。

掛かると竿は引ったくられ、何や何や?と上がってきた時にはビックリ!これキスか?サイズで驚かされた事が一度や二度ではありません。

堤防など高さがあると1~2号のエダス(ハリス)では切れたりと、近年は針も多少大きくなりますが夜はカレイでも使っているマルチのハリス3号を使用しています。

この仕掛けでも巨大アナゴ、スズキ、チヌなんかは無理してぶり上げると切れますし、外道で掛かった大型の魚は半分諦めています。

今年はまだ8月に入ったばかり、秋も深まる落ちギスシーズンではないものの期待してアタリを待っていると釣れてくるのはチャリコ(真鯛の幼魚)ばかりです。

水面には溶け始めているはずのアマモがプカプカと浮きゴミも多め、少しずつストレスとなっていきました。

投げ釣りのストレス

ここ数年の福岡市内近郊の投げ釣りと言えば、悩まされる事が多くあります。

夏の砂浜ではネバネーバのメゴチやトンマで苦戦するはずが、特に今目立つのはフグとヒトデで、針、エサに関しても無くなるペースが半端じゃない!一昔前であれば50gのムシエサでも十分だったのが足りなくなる始末。

切りがないのでお安く済ませ画像の3枚組2本針2セットでも残ればいい方、少しでも待つと殆どフグにやられて使い切ってしまうのでズル引きしたりと対策も必要です。

ヒトデも一丁前にエサを盗りアタリも出ますし本命はどこへ…キスは数と型を揃えるのにやっと、ストレスばかりが溜まる釣りになりつつあります。

堤防へ場所移動

打開すべく遠投と水深も稼ぐ為、ゴミが集まる砂浜堤防の付け根から堤防へと移動してみました。

電灯が点いているので投げ釣りには安心。そんな中、投げ釣りはアタリが無く、光が届く海面にワタリガニ(タイワンガザミ)がスルスルっと泳いできたのでタモでゲット!

浮いているカニは身も詰まっていない軽いやつですが茹でて食べたり、味噌汁のダシなど、おじさんは大好きな獲物です♪

青紫の大きなカニで梅雨時期はガザミなどを捕まえようと、タモを片手に岸壁をライトで照らして探し回っている人もいます。

塩茹は熱湯にカニを入れるのではなく、冷たいうちからカニを入れます。そうしないと手足が取れて身が水っぽくなるので注意です。

ベイトもチラホラ見えている電灯下だけに投げ釣りは放置気味になり…

いつものアジ釣りへ

夜の投げ釣りメインが、いつものアジ釣りへ。

遠く釣りに来たからには何かしら釣って帰らねば、と、始めるのがアジ釣りで、同行している教職員のSちゃん(長い夏休みらしい)私と釣りに行く時には必ずサビキの準備もしてくれている優れ者です。

パラパラっとマキエを撒いてサクサクとお土産ゲットン♪結局最後はアジ釣りしてますね♪となります。

その後、投げ釣りに掛かったのはフグと毒針を持つゴンズイ!写真を撮るのを忘れてしまった。夜は危険な魚も掛かってくるのでライトで照らして確認、気を付けて扱いましょう。

朝マズメはサーフへ

朝は様子見のサーフフィッシングを決行してみる事にしました。

福岡の時期的には早いのですがベイトはいるはず、夏のマゴチや朝マズメのナブラに期待しながらベタ凪のサーフへ!

沖の方ではボイルも見られ水面を逃げ回るミニベイト、いい感じではありましたがアタリは無く波打ち際で重くなったと思ったら何とマダコヒット!

おーーー♪タコブツ食えるぅと思いきや、プシューっと水を吐いて外れ、もう一度、同じ所にルアーを通すとしがみついてきましたが掛かりきりませんでした。残念。

糸島も西側サーフ、まだ溶け切れていないアマモが多数浮いており毎回ルアーに付いてくる状態、暑さ共にあと少しの辛抱のようです。

台風も足早に通り過ぎた本日は雨上がり何処に行こうか悩みます。

コメント