サーフでは初となる良型シーバス

サーフでシーバスルアーフィッシング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

夜明け前の荒れた海から初めてサーフでシーバスらしいサイズをゲットできました。

密かに狙っていた獲物(シーバス)

夜明け前に到着する事が多いサーフで以前、月明かりを頼りに干潮で浅くなったベタ凪の浜辺を歩いていると海の中に黒い影!ライトで照らしてみると大きなシーバス。

慌てて逃げる事も無く反射して光る眼で睨みつけられた事があり、それ以来というもの暗い内はシーバスが掛からないものかと密かに狙っていました。

川や埠頭、堤防では経験があるもののサーフからは時期的なものかセイゴ以外は釣った記憶すらありません。

そんな今日は予報が外れて横風が強い荒れたサーフ、夜明け前の一投目から風になびいてしまったラインを竿で引き寄せたその瞬間、ググっと当たってヒット!

大きそうだけど早速マゴチだと思いながら砂浜に上げてみるとボトッボトッ?重量感ある跳ねる音。照らしてみると良型シーバス!予想外の獲物は73cmでありました。

釣りにくい日に出てくれたので良しとしてリリース、朝マズメに期待だったのですが…

荒れていく海(干潮時のサーフ)

潮は小潮なので期待半分くらいでしたが朝マズメの干潮に向けて波が強くなり始めます。

予報では波高1.5のち2.5m、朝イチから2mはあるんじゃないか?明るくなって海を見ても濁りと砂も舞いあげてる…水深が無いので残念系サーフです。

荒れた海(遠浅干潮)

狙う場所も定まらない状態と横風に一通り投げ散らかしてアタリ無し、撤収する事にしました。

また2つの台風がゆっくりと接近しているようなので晴れてはいるけど数日間は予報もハッキリしない感じでしょう。こんな時は別の釣りも検討して台風明けに再度挑戦したいと思います。

コメント